返済不能の苦境を乗り切る

積み木

売却する道を探る

住宅ローンが返済不能に陥った場合、ただ漫然と競売を待つのではなく、積極的に任意売却に打って出る方がはるかに有利な結果になります。福岡では任意売却に対する認知度が年々高まってきており、実際に多くの福岡市民が任意売却によって返済不能の苦境を乗り切っています。任意売却というのは、売却代金を充当しても抵当権を抹消できない不動産を、競売ではなく普通の形で売却する処分方法です。抵当権付きの物件は売却が困難であるのが不動産取引の常識になっていますが、専門業者を介することによって、抵当権を抹消した上での売却を可能にしています。抵当権の抹消が確約されていれば、比較的簡単に買い手がつきます。また、市場価格に近い価格で売却することができるため、とても有利です。もちろん、売却代金で賄いきれない分のローン残債が免除されるわけではありませんが、競売で自宅を処分する場合に比べると、残債を大幅に減らすことができます。任意売却という形で自宅を処分できるかどうかは任意売却業者の腕一本にかかっていると言っても過言ではありませんが、福岡には豊富な売却実績を持つ任意売却業者がたくさんいます。そういった意味では、福岡在住の方はとても恵まれています。任意売却業者に求められるのは、物件の買い手を確実に見つけ出せる高い営業能力と、債権者の協力を勝ち得られるだけの優れた交渉能力です。幸いなことに、福岡にはその両方を兼ね備えた任意売却業者がたくさんいます。実力のある任意売却業者を利用すれば、仲介手数料や引っ越し代金も債権者負担にできる場合があるため、債務者にとっては願ってもない好条件で自宅を処分できる可能性が生まれます。